BLOG

鎌倉でお茶を嗜む

2021/03/26

裏道の散歩が好きです。

鎌倉も観光地を歩くというより穴場を探すのが楽しいです。

桜も待ってくれないので、鎌倉の穴場散策して来ました。

御成通りから少しだけ入ったところにCHABAKKA TEA PARKSというお洒落なお店を見つけました。

 

新たなスタイルで楽しむ「日本茶エンターテインメント」をコンセプトのこのお店、お茶のレパートリーが素敵です。

全国各地より選抜した農業単位で選ばれたお茶、ビールサーバーから直接注ぎ淹れるドラフトティーなどお茶を楽しめるお洒落な空間でした。

お茶漬けを食べに入ったのですがオーナーの三浦さんのお茶を極めたトークにつられ、お勧めの紅ほうじ茶のごこうも頂く事にしました。

紅茶の甘みとほうじ茶の香ばしさでの口当たりは最高でした。

アパレルから転身しただけあってお店も食器もとても都会的でお洒落です。
そして一番びっくりしたのが、お茶をドリップコーヒーみたいにいれるのです。
好きを仕事に楽しんでいる姿が伝わります。
お店のお客様もアットホームで、初めて帷子珈琲に行った時と同じ感覚です。
洗練されたお店に行くと、私はまだまだプロ意識が足りていないような感じがします。
カフェ巡りでなかなか名刺交換はしたことないけど、今日は自然な感じでオーナーの三浦さんと名刺交換。
次回はドラフトティーを体験してみようかな??
そんな事考えながらお店を後にして桜の世界に出発です。
KIKCAFE
横浜市保土ヶ谷区岩井町29ー4
045-334-1114