BLOG

お大師様とお天気雨

2021/02/08

弘法大師の生誕のお寺、香川の善通寺に行ってから早くも三ヶ月も経ちました。

あれから色々良い流れで過ごしていましたが、三ヶ月過ぎると弘法大師様の充電が切れそうなの久しぶりの川崎大師に行って来ました。

先週は何か気忙しく、お一人様時間もなかったので、リセットです。

川崎大師はまだ弘法大師ファンになる前に価値もわからずよく通っていました。

なので今回はしっかり想いを込めて散策できる事が出来ました。

梅の枝に誰かがご縁が結ばった報告なのか?叶わなかった想いに再度願掛けしたのか、お守りと花の風景がどこか切なく美しく感じました。

 

護摩祈祷は受けなかったのですが、祈祷が始まる頃、大本堂に向かうと青空の下、微かに顔に当たる小さなものを感じました。

しばらくすると一瞬のお天気雨。

お寺や神社でお天気雨に合う事は歓迎されているしるだそうです。

やっぱり来て良かったと心の中で呟きました。

眩しいようなお日様と小さな雫、護摩焚きの音がすごく神秘的。

弘法大師像を結界する新四国八十八ヵ所霊場があり、参拝者が1つ1つ手を合わせていました。

私は善通寺さんに少し長く手を合わせ、旅のお礼をしました。

知ってるお寺は善通寺さん1つだけれど、ちょっと嬉しくなりました。

image
澗水一杯(かんすいいっぱい)朝に命を支え、山霞一咽(さんかいちいん)夕に神を谷う(やしなう)という法話が掲示板にありました。

木々が生い茂る山の中で修行をして懇々と流れる水で喉を潤し、幻想的な霞を身体に取り込み、生命力に溢れた大自然を眺める事を求めたそうです。

真言宗では水は重要視されていて弘法大師さんも神泉苑の雨乞いなど水とご縁があることが書かれていました。

image

神泉苑という言葉で京都の出来事を思い出しました。

ちょうど4年前の2月7日の日に私は神泉苑の橋の上にいて、あの時も今日のように雨がポツンと落ちて来たのです。

あの時のお天気雨と今日は似ている。

image

弘法大師さまのお天気まで変える演出に、益々密教への興味が出て来てしまった私です。

そしてやっぱり旅はいいなと・・コロナ終息を願うばかりです。

image

川崎大師の最後は、天ぷらうどん。

ご近所なのに、ちょっと旅した気分です。

 

KIKCAFE

横浜市保土ヶ谷区岩井町29ー4

045-334-1114