BLOG

KIKCAFEのオーラー感染拡大中

2020/11/27

オーラという言葉がありますが、私はオーラーというものに敏感です。

オーラって何も話さなくても、その人の人となりがわかってしまう気がします。

私はオーラーは感染すると思っているので、プラスのオーラーの人といる事が自分の運気や感情を整える良薬だと思っています。

反対にマイナスオーラーも感染するので、気をつけなくてはいけません。

世の中コロナコロナと健康も経済もマイナスなニュースが溢れていると、益々世の中は暗くマイナスな空気でいっぱいになってしまうような気がします。

マイナスオーラーを吸わないように❗️が私に日々の心がけている事なのです。

 

KIKCAFEファミリーのアフリカのジャーナリストの大津司郎先生は、紛争地区に何度も足を運んでいるのですが、タクシーの運転手さんのオーラーで自分自身の安全か危険かを判断すると言います。

そのくらい人が放つオーラーって大切なのです。

先日、大阪観光局 Mice政策統括官田中さんがKIKCAFEにお忙しい中、立ち寄って下さいました。

 

KIKCAFEに入って来た途端のスポットライトが点灯したくらいオーラーを放っていました。

 

最近はGuardianAngelの佐久間社長の父親のように色々アドバイスして下さったり、KIKCAFEをもう1つの居場所として応援して下さっている三井さん(株式会社戦略スタッフサービス取締役)が今回の席を作って下さったのです。感謝

 

ちょうど、倉敷の有鄰庵・松山の内子晴れ・ポツンと一軒家などローカルなライフスタイルや空気を持って帰って来たばかりなので

新しい形の地域活性化や大阪万博の取り組みなどがワクワクしてあっという間の時間でした。

 

コロナコロナと都会神話が壊れそうな昨今ですが、都会と地方をうま共創していく事、コロナ時代が人々の考えを変えていき良い方向に変わっていくのだと思います。

今は世の中苦しい時かもしれないけれど、今止まっていたら未来はなくなってしまいます。

数年後を見越して今から動き始めることが大切だと感じます。

生き方美心(株)KIKCAFEもそんな気持ちで日々精進中。

大手のパソナが本社を淡路島に移転し社員1200人の移住も始まっているそうです。

都会が恋しくなったら神戸へ、自然と触れ合うなら淡路島なんてライフスタイルはコロナ時代の最先端なライフスタイルかもしれません。

今回の旅行で最後会話の中で落ち着いたテーマは「ハイブリッドライフ」でした。

東京に比べては、まだまだローカル色の濃い街「保土ヶ谷KIKCAFE」、ハイブリッドライフにはほぼ遠いけれど、都内通勤者の癒しのサードプレイスでありたいと思います。

 

憧れの弘法大師が、虚空蔵菩薩の化身明星(金星)”を口から体内に迎えるという超常現象を経たという場所がどこなのかな??と最近気になっていたのですが、なんと田中さんの故郷高知にある事を知りました。

いつかプレゼンで見せて下さった四万十川の自然に触れ、また弘法大師の恩恵を受けたくなってきた私です♬

 

やっぱり人のご縁は素晴らしいです。

そしてKIKCAFEファミリーオーラー感染拡大中。

 

KIKCAFE

横浜市保土ヶ谷区岩井町29ー4

045-334-1114