BLOG

徳は孤ならず必ず隣あり〜倉敷『有鄰庵』

2020/11/20

30年ぶりの倉敷に行きました。

今回の旅、宇治に行こうかな?須磨寺に行こうかな?と関西を考えていました。

久しぶりに叔父さんに電話をしてみたら、今倉敷に赴任中という事を知り、久々再会して旅は倉敷スタートにすることにしました。

倉敷というとkikcafeのお客様のHさんがゲストハウスで働いていたこともあり最近話題に上がっていました。

 

まずは目的のHさんのお仕事していたゲストハウス有鄰庵に直行!

今はゲストハウスはやめていて古民家カフェになっていました。

 

幸せになるプリンを頼みました。

このプリン二週間後にプリンの味と倉敷の楽しかったことを思い出すと幸せが訪れるそうです

そんな可愛いおもてなしも好きですが、名前の由来が本当に素敵。

『有鄰庵』という名前は、論語にある言葉で「徳不孤必有隣(徳は孤ならず必ず隣あり)」からきてるとか。
「有鄰」というのは、「徳のある人の周囲には同類の仲間が自然と集まる」

自分たちが背筋をしゃんと伸ばして活動をしていくことで、同じような仲間がどんどん増えていってほしいという願いを込めているそうです。

 

KIKCAFEにも私がきちんと生きていれば、お客様の質も向上していく・・・

私のやる気が、お客様に見事に反映する事は経験済み。

自分がいつも健康で軽く笑顔でいなくてはいけない事を常に意識しています。

『有鄰庵』で感じた事。

声と生活音と音楽が古民家の中で耳に入るのですが、その感じかたが都会のカフェとは違っていました。

休憩は30分くらいなのに、1時間以上と感じる体感時間。

これがローカルな時間の流れなのだと思いました。

 

その理由は音だと思います。

同じ音が古民家だからなのか響きが違うのです。

ちょっと不思議な気持ちになりました。

 

今回の旅、普段味合わない音に注目しようかな??なんて思いました。

レジでHさんの話しをしたり、お店の話しをしたり、こんな会話が旅の良いところなのです。

 

KIKCAFE

横浜市保土ヶ谷区岩井町29ー4

045-334-1114