BLOG

KIKCAFEは保土ヶ谷宿

2020/10/08

そもそも何故コワーキングスペースを作ろうと思ったのか???

理由は自分が自宅以外のところで集中して仕事が出来る場所が欲しかったのがスタートです。

でもそれだけではなく、魅力あるコワーキングを作りたくってオープン前にコワーキングスクールキャンプという学校に通うことにしました。

 

働き方の多様化が進み、都市部でも地方でも場所や時間にとらわれず、人と人が結び付きながら、ビジネスを通じて社会に価値を生み出すコワーキングは魅力的。

スクールは会社から個人、所有からシェア、移り変わる価値観の中で、どのような機能・空間・サービスが地域には必要とされているのか?というところで、全国のコワーキングの運営事業者たちが集い、日々の運営を通して得たノウハウを聞きながら想いを共有出来る時間でした。

 

日曜日は一緒にスクールで席を並べた同期生の金子さんも来てくれました。(満員で入れなくってごめんなさい)

 

スクール参加前はビジネス仲間と地域創生や町興し事業がやりたいと思っていました。

ちょうどこの頃、岩手の被災地大槌町と仕事をしていて、岩手県の町興しをやろうかと迷っていました。

でも、ふと思った時、自分お世話になっている保土ヶ谷のことすらわからないのに・・・とふと立ち止まり、まずは地元を楽しくしたいと思いました。(自分が住んでる町がつまらなかったら虚しいし)

保土ヶ谷と言えば明治19年創業のお蕎麦の桑名屋さん。

今回のイベントを盛り上げて下さいました。

私は子供の頃、東海道中膝栗毛が好きでいつも笑って読んでいました。

保土ヶ谷は東海道中膝栗毛にも登場しています。

宿場ですが、街並みはマンションやアパートが立ち並び面影もどんどん失っています。

みんなが地元の事を知って、次の時代に語り続けていく事は大切な事です。

 

 

 

穏やかにチーム平成の和田っちと語る姿はほのぼのとしていました。

でも桑名屋さんコーヒーさめちゃいました。(笑)

 

KIKCAFE

横浜市保土ヶ谷区岩井町29-4

045-334-1114