BLOG

KIKCAFEファミリーが熱々

2020/09/05

昨日ふと読んだ田宮陽子さんのブログにこんな事が書いてありました。

 

なにかのプロジェクトや

仕事を進めていくときでも…

「同じ魂グループの人」(=同じ波動の人)が集まると…トントンとスピーディに物事が進みます。

 

まさにそんな感じの事を体験しています。

インドネシアのOKI君、先週から仲間になった和田君、出会ってまもないのに既に家族みたいになっちゃいました。

そこに今日は、なんと大学の先生まで参加頂き、もう1つのKIKCAFEを作るミニプロジェクトが出来ました。

OKI君会話の度に「早い」「早すぎる」と合図地。(笑)

急いでいる訳ではないのに会話が弾んでいる感じ、これこそ同じ波動の集まりなのかな??って思います。

 

よく親しい人には話すのですが、私はカフェが好きだから自分のカフェを作ったと思われがちですが、実際はそうではありません。

お料理だって好きな方でもないし。。。

カフェ好きだったら、お店出して毎日売り上げに追われる生活をするくらいだったら年金生活で悠々自適に全国カフェ巡りなどしておもてなしを受けてた方が実際幸せだと思います。

業種に飲食店と書くときでさえ躊躇してしまいそうです。(本当は違うのに・・って)

料理も好きではなく内勤嫌いな私がKIKCAFEを作ったのには、違う意味があるのです。

私は社会人の時は普段出会えないような多種多様な人と巡り合って来ました。

興味のある人とは積極的に交流をし、人から沢山の学びを得て今にいたっています。

その仲間を私の中では社名の生き方美心と読んでいます。

その恵まれた環境は、たまたま出版だったり自由な営業をしていたから得る事が出来たのですが、実際はなかなか自分の職場や学校外で仲間を作っていくことは難しいものだと思います。

知らない人と喋っちゃいけないと育てられている子供や若者、優しい人だと思ったら騙されるかも?と人間不信になっているシニア世代などなど・・・

私が実体験で作って来た人脈をKIKCAFEという場所で、体感して欲しいと思ったのがコワーキングカフェKIKCAFEを作った理由なのです。

オープン当初は、なかなかその想いが伝らず寂しい思いをしていました。

その想いがKIKCAFE2周年で、やっと想いを分かち合える新しい仲間(ボランティア)が出来ました。

ただの共感だけではなく同志として活動したいなって本当に思っています。

 

今日はボランテイアさんだけでなくKIKCAFEを愛してくれるお客様でいっぱいでした。

年齢も国籍も性別も関係ない、今日出会った人が未来の最高の仲間になれるよう空気は、KIKCAFE完成形に近いかも???

だからお客様にお願いが1つ(笑)

私はカフェの店員さんでもなく生き方美心(株)の社長でもなく、メグさんでいたいのです。

メグさん〜という声が飛び交う時、初めてお客様や仲間達との絆が出来たそんな感じがします。

 

OKI君今日もキッチンで大活躍

好きなことする時間がみんな幸せなのですよね。

 

 

KIKCAFE

横浜市保土ヶ谷区岩井町29-4

045-334-1114