BLOG

保土ヶ谷にポツンと一軒家

2020/08/07

コロナの自粛などもあり、半年ぶりにMARKがKIKCAFEに来ました。

MARKは私が10年前、仕事をしていたアリアコーポレーションの代表です。

今はTVのポツンと一軒家に出てYoutube登録者数も現在4,29万人とカメラマン以外でも話題の人になってしまいました。

KIKCAFEと全く無縁のような環境ですが、私の良きサポーターです。

 

KIKCAFEですが、たった2年で目まぐるしいくらい環境や会社の想いは変化しています。

そんなKIKCAFEの進化を時々会うレベルで、一切相談も投げかけた事がないのに、霊感?察知してKIKCAFEに現れ、的確なメッセージを残してくれているのです

2年間のKIKCAFEへの提案で、MARKが言った事は1つも失敗や不発で終わったことはありません。

多分、私以上に私が目指している事を先読みが出来ているかのように感じています。

 

 

昨日はアリアのアニヴェルセル東京ベイの撮影担当のよっちゃんとなおちゃんをKIKCAFEに連れて来てくれました。

なんと東京ベイはお台場なのに、2人共保土ヶ谷在住とアリアとの縁は濃すぎです。

都内にいても保土ヶ谷にいても愛媛にいても、昔と変わらず語り合えるって素敵なことです。

 

そして偶然にITにカメラとフリーランスデビューしたおつゆ君もいたので、カメラマン勢揃いという感じです。

 

アリアの仲間(既にお嫁さんになった女子や地元の帰った人達も含め)とKIKCAFEファミリー(常連さんや仲間)が最近似て来ているような気がします。

久しぶりにアリアの理念を読んでみたら、納得。

 

お客さんに対し、お客様扱いしてはならない。自分の家族や友人、恋人のように接しなければならない」

お客様は神様だ。などと思ってはならない。神様には神頼みしかしないということは、お金をもらうことしか考えていないということだ。 お客様は、大切な家族や友人、恋人だと思えば、自分が出来る最大限の力を提供しようとするはずだ。
 

KIKCAFEとお客様の距離はありません。

いらした日から無茶振りしたり、いきなり初対面の人と繋いじゃったり、一般の人からみたら変なお店かもしれません。

コロナ不況や不安な事が多い時代だからこそ必要なものは笑顔と上質な繋がりなのだと思います。

これからは、益々、スペシャルな家族を作りあげていきたいと思っています。

 

2回目のMARKみくじを引きました。

3年目のKIKCAFEのシナリオ描きでもしようかな??

 

このおみくじは、かなり良いこと書いてあるので、お盆明けあたりからKIKCAFEファミリーにも引いて頂けるように準備して行こうかと思います。

 

そして預言者MARKが今回私におろした言葉「もうKIKCAFEは大丈夫じゃない??」

なんか大丈夫な気がしました。

KIKCAFEは保土ヶ谷のポツンと一軒家のようなお店です。

 

KIKCAFE

横浜市保土ヶ谷区岩井町29-4

045-334-1114