BLOG

KIKCAFEと生き方美心

2020/02/09

ここ数日寒いというより冷たい感じがします。

この冷たさは、京都の冬に似ていて、季節感て体が覚えているんですよね。

空気も澄んでいるので、今日の満月は格別美しく感じました。

2月はリセットする新しいKIKCAFEという気持ちで頑張ると思ったせいか、何か新鮮な気持ちで過ごしています。

今日の満月は自分と向き合うとか、自信を取り戻して前へ向いて歩こうなんていう意味があるようです。

毎日の売り上げに支配されていた経営から、KIKCAFEをどう楽しんでもらうか?愛してもらうか?と思うように頭の中を変えていったら楽しくなってきました。

 

私らしさを思っ切り出した私流KIKCAFEで、客様が逃げちゃったとしても、やりたい事しないまま失敗するよりは幸せ。

もちろん私流KIKCAFEでファンが増えたらそんな素敵なことはありません。

今日の満月は私の気持ちにピッタリなのです。

 

KIKCAFE(キッカフェ)はきっかけができるカフェの造語です。

弘法大師も仰っているように、人は誰と出会うかで運命は変わって行きます。

お店を通して上質な出会いが生まれ、昨日まで泣いていた人も幸せに近づいたら良いなって思っています。

 

そのKIKCAFEに社名の生き方美心の色を強く入れていきたいと思っています。

改めて生き方美心(株)の名前について書いてみることにしました。

綺麗(美人)な人がたくさんいます。

メイクにエステに整形、今は金さえ出せば誰だって美人になれます。

でも、お金では買えないものは心の美しさです。

心の美しい人は、メイクや整形の技術にも負けない美しさやオーラがあります。

そんな人を美人ではなく美心(ビジン)と呼んでいます。

京都には美心になれる神社なんかもあったり、日本人の美は昔から内面美が重視されていたのだと思います。

美心は心が優しいだけでなく心にワクワクを持つ事。

大きな喜びもワクワクだけれど、私のワクワクは小さなワクワク集めなのです。

小さな花がたくさん集まって町の景色さえ変えてしまう桜は素晴らしい。

小さなワクワクを集めて、人に影響を与えるような桜のようになりたいのです。

KIKCAFEにきて小さなワクワクをお客様に提供したいのでです。

 

「私いつ死ねますか?」と訪ねてきたシニア男性が今は元気に笑顔でのぞいてくれています。

ワクワクが集まるとどんな薬よりも元気になれるのです。

私も又ワクワク探し再スタートします。

 

 

KIKCAFE

横浜市保土ヶ谷区岩井町29ー4

045-334-1114