BLOG

KIKCAFEを体感

2020/02/06

お客様から聞いたお話し。

KIKCAFEに来る途中の出来事で、シルバーシートに座っているシニアの男性が「自分はペースメーカーを使用している」とスマホを触ってる他のお客様に訴えていたそうです。

それなのに、なかなかスマホの電源を切らなかったそうです。

その後から乗って来たお客様もまたスマホ・・・。

自分の小さな出来事が大きな事故に繋がるかも気づかないって本当に怖いと思います。

電源を切らなくてはいけない状況が、長く続く訳でもないのに、そこまでしてもスマホにしがみつく事って本当に必要なのかな??と感じます。

 

最近は業務連絡もラインやメッセンジャーだったりするので、やめてしまう事は出来ないけれど、なるべくスマホ離れを試みています。

ラインも来てるものを一気に返す時間を作ったり、チョロチョロみるのは卒業したい。

 

本が必需品だった時代は、自分の好きな作家だったり、自分の好きな雑誌だったりと好きを極めていました。

最近は、スマホに情報が溢れ、誰もが広く浅い知識、本当か嘘かわからないようなネタに感動したり・・・。

そして本当は何もわかっていないのに、なんでも知っている錯覚になる情報は、人の成長さえも止めてしまうような気がします。

 

勤めていた時によく言われた事は「カフェの事ならメグさんに聞くのが一番」とか「京都に行くならめぐさんに聞くのが早い」なんて言われていました。

それは、情報ではなく体感。

スマホから得るものは情報で、お洒落なカフェと書いてあったとしても、書いた人がお洒落と感じたわけで、自分のセンスにあっているとは限りません。

本当の良さや感動は、やっぱり体感から来るものだと思います。

 

人の感性は違っているので、「古びて汚いカフェ」と言う人がいたとしても、他の人に聞けば、「レトロで古民家みたいなところが落ち着くんだよね。」なんて全く違った答えがかえってきたりします。

情報が溢れる時代だからこそ、今の時代に必要なのは体感すること。

情報に流されたくないなと思います。

KIKCAFEは、多種多様な人が出入りしていて、不思議に写っているのは確かです。

インテリアが好きとか、ここのメニューが好きというわけでもなく・・・

「居心地が良い」って言ってくださるお客様の声が一番多いかも??

KIKCAFEの良し悪しは、情報より体感で知って頂けたら幸いです。

 

KIKCAFE

横浜市保土ヶ谷区岩井町29−4

045−334−1114