BLOG

KIKCAFEにアフリカのジャーナリスト登場

2020/01/12

アフリカに日本で一番アフリカに行ったジャーナリスト大津司郎さんがKIKCAFEに来てくれました。

大津先生と私は5年周期で会っているような気がします。

10年前、大津先生が私のいた出版社で本を出版し、出版パーティーを企画させて頂いたのが出会いでした。

そして5年前、二子玉川のカフェで死生観についてのセミナーを開催させて頂きました。

そして2020年又KIKCAFEで再会させて頂きました。

会った途端にお互いマシンガントークになってしまいました。

間違いなく5年間刻みで日本が良くない方向に行ってる事。

 

今の日本が元気ないのは他国に比べ自己肯定感が低いところにあるのでは??という話題になりました。

よく私は昔から「その根拠ない自信はどこから来るの??」とネタにされていました。

絶不調の時も涙ぽろぽろの時代も、どこか自分の中に根拠な自信があって、だから今まで過ごせたのかもしれません。

時代は変化していき、バブル時代の私達は、頑張ればなんでも手に入るとか、辛い中でも楽しい事を探すのは体で学んできてきました。

だから、夢は永遠に続くし根拠ない自信も壊れないはず。

 

大津先生は、アフリカ行きました!海外行ってビジネスを興しました!なんていう時代は過ぎ、今はその海外の経験を日本にどう還元するかを考える時代だと言っていました。

海外進出がただの自己満足にならない事が大切だと言います。

日本が幸せ度が高くて自己肯定感が高い国なら、海外の為に生きるのも良いけれど、日本にももっと見る事、考える事はあるのではないか?と・・・・。

そんな大きな問題を小さなKIKCAFEで語り合い、小さいけれど生き方美心㈱として日本中が生き方美心になるよう微力ながら動き出すという事が3年目の生き方美心なのです。

コワーキングでみんな仲良く仕事して起業して、幸せなおひとり様を生み出す事もテーマでしたが、神様がこれでもかこれでもかとお客様を通して社会問題をぶつけてくるのは必ず意味があるものだと思います。

 

2月のKIKCAFEは大津先生・被災地・KIKCAFE

色々みんなで考える月になるよう企画中です。

写真は大津先生が撮り続けてきた写真を大津先生が鉛筆画として執筆中です。

 

KIKCAFE

横浜市保土ヶ谷区岩井町29-4

045-334-1114