BLOG

MAGOギャラリー

2019/06/25

縁は本当に不思議です。

神様が必要な時に必要なように動かされてしまいます。

ある人にずっとMAGOさんの絵はすごい!MAGOさんはすごい!と聞いていました。

ニュースの報道も何度み見ました。

でも人が好きな画家を褒めたり、好きなアーテイストの事を語る事はあるので自分の中の知識だけでおさめていました。

そんな時、私の親しい知人がFACEBOOKにMAGOさんと一緒に写っている写真が流れて来ました。

そこからいったいどんな人なんだろうと興味を持ち、みんなで真護スタジオオープン記念のトークショーに行く事になりました。

 

初めて見たのは新宿FLagsのCMの動画です。

これはメッセージというよりカッコいいな・・・・っという印象。

体全体でやりたい放題にキャンパスとぶつかりあえたらどんなに気持ち良いのかと、ただ爽快に見ていました。

美しい絵の印象だったMAGOさんに転機が来て絵は変わっていきました。

ガーナ―の汚染されたスラム街、そこには世界各国のゴミが溢れていて、そこに住む人達の寿命はだいたい30歳なのです。

MAGOさんはガーナ―からゴミを持ち帰り、それを絵にして売ってそこからお金を得て、そのお金でガーナ―に学校を作ったり支援しているのです。

まさに循環型社会をつくりあげているのです。

こんな壮大な事出来るわけないと思うのですが、動いてみなければわからない事、MAGOさんが見本として実践しているような気がしました。

ア―コーデイオンとピアノと映像の中、歩きながらのライブペイントを披露しました。

 

人それぞれ役割分担は違います。

誰がどこに目を向け何をするのか???

 

歩くのをやめなければ必ず何かが出来る事を体感しました。

私は止まると死んじゃうタイプ。

自分が出来る事KIKCAFEを通して、人が幸せになる方法を見出していきたいと思います