BLOG

KIKCAFEがもう1つのおうち

2019/05/03

やっとゴールデンウィークらしい日になりました。

パンも販売しているので今日は気持ち良いので扉全開で5月の空気を吸っています。

休日なので、KIKCAFE(キッカフェ)もいらっしゃるお客様もはじめましての人が多く新しい出会いにワクワクしています。

ゴールデンウィークが終わったら営業時間等も変わり、私自身も新しい事を始めたりと令和心機一転です。

KIKCAFE(キッカフェ)の新しいパンフも出来ました。

人が幸せと感じる事は仕事もプライベートも両方が充実した時だと思います。

昔は地域の繋がりもあり、寂しいと感じる人も少なかったと思います。

でも最近は少子高齢化という事もあり、単身世帯も増え、どこか心が寂しいと感じる人もすごく増えました。

KIKCAFE(キッカフェ)は、もっとお客様と距離の近いお店になりたいと思っています。

 

今日はパンを買に来たおばあちゃんが珈琲を飲んでいかれました。

病気と闘いながら、今は片方の目が見えなくなってしまっているのにすごく明るい人でした。

「なってしまったものは仕方ない。暗く過ごしても同じ一生なら明るくいたい」と笑顔で仰っていました。

一人暮らしで病気と闘いながら笑顔でお喋り。

最後に仰ったことが「たまたまいつも通らない道を通ってKIKCAFEと出会ってお喋りして今日がすごく良い日になったでしょ。」って。

 

人生って小さなきっかけでさっきまで落ちてても一瞬の事で元気になる事ってよくある事です。

5月からのKIKCAFEはコンセプトも明確に、人々が仕事もプライベートも充実出来るようにカフェを通して応援していきたいと思っています。

 

コワーキングだけでなく、単身世帯の人が家庭や家族のように過ごして頂けたらと心から思っています。